気団まとめ-血戦 戦線崩壊!(2CH)|嫁・浮気・不倫・馴れ初め

気団まとめ・鬼女まとめをメインに不倫、浮気系、馴れ初め、修羅場系の話をまとめています。 気団まとめ・鬼女まとめ等の2ちゃんねるまとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    トップページ > >
    気団・鬼女をメインに不倫・浮気系・馴れ初め・修羅場系の話をまとめています。
    気団まとめ・鬼女まとめ等の2ちゃんねる まとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    その他

    150: スペースNo.な-74 2010/03/17(水) 21:27:28
    自分の上司の課長は、いつも真面目で、誰に対しても(部下にも)敬語、 
    無口で、仕事に関すること以外はほとんど話さないし、冗談なんて言わない。 
    毎日ぴしっとスーツを着てて、机の上も神経質なくらい綺麗で、 
    なんというか、とっつきにくくて堅苦しくて、話しかけづらい人なんだ。 

    今朝、出勤する時、駅から会社までの道で、私の前にその課長が歩いてた。 
    雑談できる人じゃないから、追いかけて声なんてかけずに、そのまますぐ後ろを歩いてたら、 
    課長が突然立ち止まって、ビルの植え込みの中に向かって 
    「あなた、舌が出てますよ」 
    【いつも真面目で、誰に対しても(部下にも)敬語の課長突然立ち止まって、ビルの植え込みの中に向かって 「あなた、舌が出てますよ」】の続きを読む

    その後、軽食を食した 
    その時に「今度どこそこに連れてって下さいね。一緒に行きましょうね」としきりに言っていた。 
    会計は当然こっちの全奢り 
    「メール下さいね!凄く嬉しいので!」と言われ、解散 
    帰宅後、電番でショートメールを打つが無視 
    電話番号間違えたかと思い、再度、もらったメモを見ながら打ったが無視 

    関東女は京都女と似ていてウザイと思ったわ 
    これが大阪女だと絶対に社交辞令がないんで、 
    あ、俺嫌われてるわとか 
    合わなかったようだとすぐに分かって諦めが付きやすいが 
    「メール待ってる」とか「一緒に行こうね」と言われたら期待すんだろ ボケが! 
    出張が多い仕事なんで、たいがい嫌われるんだよ 
    でも、それでもかまわないと言ってくれたのにさ…  
    愚痴スマソ スッキリした 

    516: 愛と死の名無しさん 2016/11/22(火) 11:34:28.08 ID:zGq78+DU.net
    >>515 
    関東女「出張が多い人好きです」 
    京都女「ぶぶ漬けでもどうどすか」 

    本音まったく同じ。

    517: 愛と死の名無しさん 2016/11/22(火) 11:44:18.66 ID:u7n/6qHZ.net
    京都の女は腹黒い 
    奈良・神戸の女は高飛車 
    滋賀の女はかかあ天下 
    大阪の女はハッキリ物言い過ぎ 男は動物以下と思ってる 
    和歌山の女は明るく天真爛漫 純粋

    520: 愛と死の名無しさん 2016/11/22(火) 12:02:14.43 ID:pyXTgKmI.net
    >>516 
    いや、意味が違う 

    ぶぶ漬=早く帰れ 
    出張=姿見せずにATMに徹しろ

    525: 愛と死の名無しさん 2016/11/22(火) 12:14:55.05 ID:2oDWNVqN.net
    >>515 
    まるで関東育ちが悪いみたいな書込みでイラッと来たわ 
    こちとら関東育ちなんで

    引用元: ・☆《40代以上》 婚活で疲れ果てました。3《雑談》★

    252: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)20:17:15 ID:DAq
    妻が、娘(中学生)の学校への送迎をやめるよう要求してきました。
    娘は現在私立に通っていて、家から車で20分程度で、私の会社から近いので朝晩私が、どうしても都合がつかない時は従業員に頼んでいます。
    【妻が、娘(中学生)の学校への送迎をやめるよう要求してきました。】の続きを読む

    332: 名無しさん@おーぷん 2015/09/06(日)12:15:24 ID:RM4
    下ネタだから苦手な人は注意。

    私はかなりのマイノリティだと思うが結婚するなら絶対にDTと決めている。
    リードしてくれないことよりも結婚を考えてない女性に手を出す男性への嫌悪感や相手への嫉妬があるからだ。
    【私はかなりのマイノリティだと思うが結婚するなら絶対にDTと決めている。】の続きを読む

    このページのトップヘ