気団まとめ-血戦 戦線崩壊!(2CH)|嫁・浮気・不倫・馴れ初め

気団まとめ・鬼女まとめをメインに不倫、浮気系、馴れ初め、修羅場系の話をまとめています。 気団まとめ・鬼女まとめ等の2ちゃんねるまとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    トップページ > >
    気団・鬼女をメインに不倫・浮気系・馴れ初め・修羅場系の話をまとめています。
    気団まとめ・鬼女まとめ等の2ちゃんねる まとめを探している方ぜひ一度見に来て下さい。

    修羅場

    533: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 02:55:00.73 ID:NXGfpLqi.net
    ちょっと前の話をみていて吐き出したくなったのでお付き合いください 
    多少フェイクがありますが 


    元彼が浮気をしている証拠を掴んだので、浮気相手とのデート帰りを捕まえてたたき付けてやろう、としてた日の出来事 

    長くなるので浮気発覚の経緯や証拠云々の話は省略 
    ある日に元彼が友達と釣りに行くと言うので送り出した 
    しかし実際は浮気デート 

    既に突き付けるべき証拠の数々は用意してあったので、あとの諸々を情報元であり協力者の元彼の友人Aと一緒にスタンバイをしていた 

    【浮気をしている証拠を掴んだので、浮気相手とのデート帰りを捕まえてたたき付けてやろう、としてた日の出来事】の続きを読む

    95: 名無しさん@HOME 2013/01/30(水) 23:30:43.00 0
    両親は、若い時に駆け落ちで家を飛び出して結婚した。 
    俺が生まれた後に、父方とは和解したけど、母方はそれなりの家だったらしく、許さなかった。 
    でも子どもには黙っていようと、母方の親戚は誰もいない(祖母や母の兄弟姉妹はおらず、 
    祖母はもうすでに亡くなっている)と聞いていた。 

    そして俺が社会人になり、結婚。順調に貯金も貯めて、そろそろ子作りしようかと考えたあたりで、 
    義理の弟が結婚することになったら、そこの相手が、うちの母方の親戚だった。 
    それも本家の娘。何かのきっかけで、その本家が俺を知り、「娘を嫁にやるのは良いけれども 
    俺や俺の両親とは親戚にはなりたくない。離婚させろ」と言いだしたらしい。 
    それで困った義弟は、ベタ惚れの彼女を手放したくないからと、姉(俺の嫁)に土下座。 
    俺の嫁は、なぜか俺を飛ばして俺の母に相談。 
    母は父と話合い、本家に話しに行くが、門前払いをくう。 
    【義弟の結婚のために離婚することになった・・・orz】の続きを読む

    858: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/28(月) 00:41:48.29
    スレチかもしれんが 
    姉も寝たしカキコ 

    自分は三兄弟(姉23俺18弟12)なんだが両親は弟がお気に入り 
    何かに人の前で何かにつけて『弟は優秀、今日大たちも見習ってほしいわー』と言い出す始末 
    別に弟はスポーツで優秀だったり、芸術面で秀でているわけでもない。 
    姉はそれが嫌で高校卒業してから一人暮らしして、大学に行こうとしようとしたところ 

    両親「は? 許すわけないだろ。金は出さない」 

    結局、弁護士の伯父から金を借りて一人暮らし&大学に進学 
    五年間、顔も合わせることもなく三年前に電話で話したのが最後で、つい一昨日まで姉の顔は思い出せなかった 

    続く

    【両親の兄弟間差別が激しすぎて姉のもとへ逃げ出した。】の続きを読む

    223: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/21(月) 21:19:37.33
    大学生の頃の話。 
    下系&凄く汚い話なので嫌いな人はスルーしてね。 

    夏場のある日、刺身食べたら食中毒にかかってしまった。 
    下痢と吐き気が凄くて、学校を休んで一人暮らしの部屋でうんうん唸ってたら急に便意が。 
    慌ててトイレに駆け込み、スウェットのズボンとパンツを下ろして便座に座ろうと中腰になった。 

    その瞬間、それまではあまり感じていなかった吐き気がいきなりMAXに。 
    我慢する間もなくトイレの床に思いっきりゲロをぶちまけてしまった。 

    【【ゲロ注意】大学で集団食中毒が流行ってしまったw】の続きを読む

    509: 名無しさん@おーぷん 2014/08/26(火)19:18:19 ID:PGq4frWRH
    二十代の頃。めったに休みのないブラックな業種についていた俺は、たまの休みには彼女と電車でぶらり旅をしていた。
    俺はぼけーと外の景色を眺めてたんだが、彼女がぺしぺしと俺を叩き。
    あれあれと指差す先に、少し嫌そうな表情のスーツのお姉さん。そして、そのケツに不自然に手を当てるおっさん。痴漢だった。
    彼女の視線が俺にいけいけと語っていたので、俺は仕方なく席を立ち、その二人に、ゆっくりさりげなく近づいた。
    そんで、おっさんのケツをそっと撫でた。
    【彼女が痴漢を発見して視線で俺にいけいけと言ってきた】の続きを読む

    このページのトップヘ